自動車保険@ガイド | ランキング・比較・口コミ・見積もり

自動車保険@ガイド | ランキング・比較・口コミ・見積もり

自動車保険の歴史


自動車保険見積もり
→→ 一括見積もりで自分に合った自動車保険を見つけよう!

自動車保険は1、1896年、イギリス・ロンドンで販売されたのが初めです。同じ時期、鉄道事故に関する傷害保険や、盗難保険なども販売されるようになり、産業革命以降、市民の生活が大きく向上することに伴い、様々なものに保険がかけられるようになりました。こうしたことから、自動車にも保険がかけられるようになったのです。

自動車が普及するにつれ、事故も増加し、事故の犠牲者に対する補償のニーズの高まりから、自賠責保険も誕生しました。1912年にノルウェーで強制加入が始まり、その後欧米諸国や日本にも広がっていきました。強制加入により、事故の最低限の補償を確保させる、というのは当時としては画期的なことだったようです。

日本の自動車保険は、1914年に現在の東京海上日動の前身である東京海上が営業認可を得たのが始まりです。ただ、この頃はまだ自動車の台数も少なく、一般に認知されるまでにはいたりませんでした。戦後の復興以降、自動車の台数も増え、次第に自動車保険も広まり始めました。このときの自賠責保険の死亡補償金は30万円でした。自賠責保険に関しては、欧米諸国同様、1955年には早々と強制加入が義務付けられ、事故の被害者救済も行われるようになりました。高度経済成長以降、急速に一般でも車を所有する人が増え、これに伴い、自動車保険も普及するようになりました。

自動車保険は日本国内の事情に合わせ、各保険会社が販売していましたが、1998年、保険法の改正により、外資系も日本の保険市場に参入できるようになりました。これにより、自動車保険も、様々な特約をつけたものが販売されるようになり、この意味でも、今は革新的な時代、と言えるかもしれません。今後も、様々な保険が誕生していくものと見られています。

▲ページの先頭へ