自動車保険@ガイド | ランキング・比較・口コミ・見積もり

自動車保険@ガイド | ランキング・比較・口コミ・見積もり

自動車保険の等級について


自動車保険見積もり
→→ 一括見積もりで自分に合った自動車保険を見つけよう!

世の中には様々な保険があり、どれも保障の内容によって保険料が決まります。ただ、自動車保険には独自の制度があります。それが等級というものです。通常、新規契約の場合、6等級から始ります。その後1年間、無事故だった場合、翌年は1等級上がり、最高で20等級まで上がります。2台目の自動車保険の場合、所定の条件を満たせば複数所有新規での契約となり7等級から始まります。

保険の割引率でも、4等級が割増割引きなし、7等級で20%引き、8等級で30%引・・・18等級からは最大割引の60%引きまで、というように等級によって変わってきます。自動車保険会社を乗り換える場合でも、他の保険会社で適用されていた割引(または割増)はそのまま継承されます。例えば、前年度8等級で無事故なら、次に新しい保険会社で適用される等級は9等級になります。

保険会社からすれば、等級は、保険加入者のリスクを数値化したものであり、この数値が大きければ大きいほど、事故を起こす確率が低い優良な運転者とみなされ、反対に、数値が小さいほど事故を起こす確率が高い、危険な運転者とみなされるのです。新規登録から7年間、毎年契約更新しながら無事故だと、保険料は半額以下になるわけですが、事故で保険を使うと、等級は一気に3つ下がることになります。

新規登録した最初の年に事故を起こすと、翌年は20%増しの3等級になってしまいます。ただ、事故の内容によっては、件数にカウントされなかったり、等級が翌年度もすえおきとなる場合もあります。1等級に下がると保険料は60%増になります。ここまでになると、保険会社から契約を打ち切られる可能性もあり、データも残るので、他社でも新規契約が難しくなります。等級は、いわば事故歴のバロメーターなのです。

▲ページの先頭へ