自動車保険@ガイド | ランキング・比較・口コミ・見積もり

自動車保険@ガイド | ランキング・比較・口コミ・見積もり

保険料について


自動車保険見積もり
→→ 一括見積もりで自分に合った自動車保険を見つけよう!

自動車保険の保険料の内訳は、大きく分けて、保険金支払いの原資に当てられる「純保険料率」と、それ以外の「付加保険料率」と呼ばれる部分に分けられます。付加保険料率は、保険を販売する代理店に支払う「代理店手数料」、保険会社の経費に当てられる「社費率」、保険会社の「利潤」に分けられます。かつては、営業保険料全体について、自動車保険料率算定会の定める料率使用が義務付けられていたため、保険料の内訳の比率は、保険会社の間ではほとんど差がないものでした。

しかし、保険市場の自由競争化に伴い、外資系の参入から、原則的に各社が独自に保険料を決めることができるようになりました。これにより、保険料も、保険会社ごとにいろいろ差が生じるようになりました。保険会社にしても、保険料だけでなく独自のサービスを付加したり、必要経費をできるだけおさえて保険料を安くするなど、独自の商品作りを行うようになっています。

リスク細分型の保険でも、リスク要因の設定方法やリスクの評価の仕方によって、保険会社ごとに保険料が違います。ユーザーからすれば、自分の年齢・家族・車・走行距離・補償内容等の条件に応じて比較検討し、自分にあったリスク要因と率を設定している保険会社を選択する必要があります。

また、自動車保険の保険料は、等級を気にする人が多いですが、実はその他に、クラス別料率制度というのがあるのも知っておくことでしょう。これは、車の型式ごとに決められているもので、「車両」「対物」「対人」「傷害」のそれぞれに1〜9までのクラスが設定されています。数字が高くなるほど保険料も高くなる仕組みで、1つクラスが変わるとその部分の保険料が2割程度変ることになります。一般な傾向として、統計的に事故発生率の高い車種ほど高いクラスが設定されています。また高級車ほど高いクラスとなっています。

▲ページの先頭へ