自動車保険@ガイド | ランキング・比較・口コミ・見積もり

自動車保険@ガイド | ランキング・比較・口コミ・見積もり

2台目の自動車保険


自動車保険見積もり
→→ 一括見積もりで自分に合った自動車保険を見つけよう!

最近は、車の所有も一家に一台ではなく、両親、子供、それぞれ専用の車を持つ、というところも増えています。一家で複数台の車を所有する場合、二台目、三台目の車を購入する際、セカンドカー割引(複数所有自動車割引)を利用すると保険料が安くなります。通常、初めての車の購入時、自動車保険の加入はノンフリート等級で6等級から始まりますが、一台目の車両の保険契約がノンフリート等級で11等級以上だと、二台目の購入時は、セカンドカー割引を適用すると7等級で始められます。

これには、11等級以上という条件の他、車の所有者と保険の名義人が同一であるという要件があります。ただ、最近は一部の保険会社でこの条件が改正され、1台目の車両所有者・保険名義人の同居の親族でも対応可能な保険会社もあります。二台目以降の割引を利用することで、初年度から二万円くらい削減することも可能です。

また、一家で二台以上の車を所有する際、人身傷害保険の節約を行うと良いでしょう。人身傷害保険は、本人、家族が契約している車に乗車している時だけでなく、歩行中や他の車に乗っている時の事故まで補償をしてくれるものです(ただし、家族内の別の車に乗車中は補償されません)。このため、二台目でも契約すると補償の重なる部分が出てきます。一台目は、全てを補償する「完全補償タイプ、フルサポート型」で契約し、2台目以降は「契約車に乗車中のみ補償」する限定タイプを選ぶと良いことになります。

二台目が一台目と違うメーカーの場合、ディーラーに対し、二代目であることをはっきり伝えた方が良いでしょう。また、同じ保険会社を利用する場合、二台目の保険も利用することを事前に知らせ、事前登録を行っておけば、割引が適用される「お早め登録割引」の制度を設けている保険会社もあります。

▲ページの先頭へ