自動車保険@ガイド | ランキング・比較・口コミ・見積もり

自動車保険@ガイド | ランキング・比較・口コミ・見積もり

自動車保険の中断


自動車保険見積もり
→→ 一括見積もりで自分に合った自動車保険を見つけよう!

海外赴任などで、車に乗ることがしばらく無くなった場合、一定の条件を満たしていれば、中断手続きを取ることで、中断があったとしても、再度契約する際に中断前の等級を引き継ぐことが出来ます。中断証明を取得する条件として、※廃車・他人への譲渡・リース業者への返還、という理由で、保険の中断日までに、廃車・譲渡・返還手続きを終えている。※中断前の等級が7等級以上。

また、保険を引き継ぐ際の条件として、※中断日から、新しい自動車保険の契約開始日までの期間が5年以内。※新しい車を取得してから2ヶ月以内に加入する。※中断前後で車の所有者、自動車保険の被保険者が同一。※中断前後で車の用途・車種区分が同一(記名被保険者の配偶者・同居の親族は同一とみなされます)。※海外渡航で契約を中断した場合、新契約の契約期間の初日が、出国日の翌日から起算して10年以内で、かつ、帰国日の翌日から1年以内。こうしたものがありますが、保険会社によって違うので確かめると良いでしょう。

手続きは、※中断証明書発行依頼書。※中断前の保険証券の写し。※保険の契約車両を、廃車・譲渡・返還したことを証明する書類。これらの必要書類を用意して行います。なお、2000年2月から「中断特則」の適用条件が緩和され、旧契約と新契約の被保険者、および被保険自動車の所有者が同一なら、契約者が同一でなくても同特則が適用されるようになりました。また、従来、同特則の適用外だった法人契約にも適用されることになりました。

ただ、満期を迎えているのであれば、中断の手続きをとることができませんので、この場合、一度継続をしてから、中断の手続きをとることになります。中断手続きは妊娠、盗難の場合でも手続きできるところもあります。確かめてみると良いでしょう。

▲ページの先頭へ